父親の事業の失敗で激貧だった友人と再会した。有名高奨学生で成績は学年トップ。苦労しながら良く頑張ったと凄く感激して『昔は麩菓子半分づつ分けて食べっけ』と懐かしんで話をすると、『自分より哀れな奴に恵んでやるのは気分良かったか?』