当日蓋を開ければ、友人の出席は2人。テーブルを減らせばいいものを、「でも、当日来れたら来てねって言ってあるから」とAが言い張り、当初の予定通りのセッティングがなされ、とても風通しのいい披露宴だったらしい。祝辞は山ほど届いていた電報を読む始末。