自分の披露宴で新郎の友人の祝辞が、新郎と前カノの思い出話だった。「新郎の前カノは恐ろしく美人で、頭もよくてスポーツ万能で皆の憧れの的で、その彼女を射止めたのに……どーたらこーたら」私は披露宴が終わって控え室に入った途端に気絶した。