街灯の少ない高齢者ばかりの住宅街で暮らしてた女子中学生の頃、夜の自宅で勉強してたら「おーい、開けてくれー」と酔ったような声が聞こえてきた。家から閉め出されたおじさんだろうと思い無視していたけど何度も「誰かー、開けてくれー」と言っている。