しめに雑炊しようとなって私が鶏がらスープの素の容器を出して鍋に入れようとしたら横に座ってた女がいきなりその容器を取り上げてちょっと待って!!賞味期限!!!と勝ち誇ったように叫んだ。