私が私だと理解した時の悲しそうな勘助の姿が未だに私の心を抉ってる。まさか勘助被害に遭遇して、まさか流れ弾を食らうとは思わなかった。その日はたまたま!本当にたまたま!小汚い格好をしていただけ。