「食べてもいいんですよね…?」「そうよ…遠慮しないで沢山食べなさい」お袋の声を合図に嫁は今までの過去を流し去るようにワンワン泣いていた。俺の嫁さんの半生は無茶苦茶な人生だった。修羅場の見本市みたいな嫁だった。