去年、女房のお母さんが亡くなったときのことを思い出した。その娘すら、めったに見舞いに来なかった。…いや、つれていかなかったんだ、俺が。