目の前の光景に絶句。鬼のような形相をした母が、四つん這いでベッドの柱の鎖に首輪で繋がれてた【なにか】を長い定規で叩いていた……その【なにか】というのが!