「お前がどんな馬鹿な事を言っても俺は受け入れるよ。だってお前には俺しかいないもんな」私は彼に洗脳されていた。そこから脱出できたのは、2年そんな生活を送っていたある日、彼の兄が訪ねてきたからだった……!