おばさん「あ、もしかして、俺君?」俺「え、どちら様ですか?」